非感染性の肺炎と遺伝

肺炎,遺伝

肺炎は、細菌やウイルスなどの病原性微生物が肺に感染することによって炎症を起こすものが代表的で、日本人の死亡原因としては、がん、心臓病、脳卒中に次いで多いことから、特に高齢者や慢性疾患の患者などの抵抗力が弱い人たちへの警戒が必要な病気のひとつとされています。 ところが、せきやたんを通じて他人に感染することのない非感染性の肺炎である特発性間質性肺炎のような一部の肺炎については、多くは原因不明であるものの、まれにサーファクタント蛋白C異常症などの遺伝子異常により発症するのではないかともいわれています。 この病気は、肺のなかでガス交換をする役目を担っている肺胞などの壁が固くなる線維化と呼ばれる現象により、肺の機能が低下し、呼吸が次第に苦しくなる病気で、はじめは自覚症状を伴わないことが多いものの、たんを伴わないからぜきが出たり、運動や作業をしたときに息切れがするといった症状が現れます。胸部レントゲン検査では肺炎特有の陰影が画像によって確認できます。 個々のケースにより遺伝との因果関係ははっきりしない場合もありますが、家族で発症している場合には、環境による人体への影響の受け方も遺伝する傾向があることから、喫煙などの危険因子は可能な限り避けるのが賢明とされています。 緩和ケア 看護師 求人

肺炎の診断は胸部レントゲンで行われます

肺炎,遺伝

肺炎にはウイルス性、細菌性、マイコプラズマなどの種類があり、肺炎の診断は胸部レントゲン写真で行われます。気管支に起こっていた炎症が、気管支周囲の肺などに広がってきて形成され、レントゲンにそれが認められると肺炎と診断されます。ウイルス性は子供に多くみられるもので、胸部レントゲンで肺の中心部から、周囲に線上の陰影が認められるときに疑われます。ウイルス性の多くはRSウイルス、アデノウイルスなどによるもので、西院による二次感染を予防するために抗生物質を用いることがあり、経過と共に自然に回復していくことが多いです。胸部レントゲンで比較的はっきりとした陰影が認められる場合には細菌性の場合が多く、気管支粘膜が風邪のウイルスによって傷害され、肺炎球菌、インフルエンザ菌などの細菌が原因で起こります。一般的には早期に抗生物質での治療を行い速やかに回復していきます。マイコプラズマ感染症は幼児から年長児の子供に多くみられ、胸部レントゲンではすりガラスのような陰影がみられます。その症状は咳や発熱など風邪の症状に似ています。どの場合においても風邪と混合されやすく、気がつくと肺炎を起こしていることがあります。熱や咳が4日以上続いたりするときには病院を受診するようにしましょう。
【治験看護師 バイト】にチャレンジ|看護師求人ガイド

更新履歴


このページの先頭へ戻る